製品開発ストーリー

止まらない体と心の変化

太りやすくなった。疲れやすくなった。化粧のノリが悪いときがある。
30歳を過ぎた頃から何となく気づき始める、体の変化。

でも、30代前半の変化なんて、まだまだ甘い!35歳を過ぎると、その変化が加速。

ジワジワと増える体重。水飲んでも太るのではないかと思うくらい。
もちろん、体力も衰えていく。肌や髪のハリがなくなり、明らかに見た目が変化していく。

40歳を過ぎた頃、何とかしなければと、ダイエットをしたり、食事に気をつけたり、ランニングを始めたりしました。

ところが、そうやって努力していたはずなのに、45歳を過ぎた頃から、それまでとは比べものにならないくらいの変化を感じるようになりました。

一度落とした体重がまた増えはじめ、肌も髪も全体に艶がなくなるような、何となく疲れた印象が取れなくなりました。

でも何よりも、誰よりも自信のあった体力と気力の衰えに、恐怖を感じました。

やる気があるのに、身体が動かない。そのうち、考えることが面倒になる。

休日は1日中、ソファに寝て過ごすことも増えました。

好きだった本を読む気力も湧いてこず、さして興味もないテレビ番組をボーッと見ながら、気が付くと外は暗くなっており、慌てて夕食の買い物に出かける。

そんな状態だったのです。

原因は、ホルモンバラスの乱れ?

そんな中、たまたま女性ホルモンのことを詳しく知る機会がありました。

女性ホルモンは女性の身体と心に大きな影響を与えていること。

その女性ホルモンは年齢とともに分泌量が減少していき、そのことが年齢による変化を引き起こしていること。

現代の女性は、環境の変化やストレス過多な生活により、女性ホルモンのバランスを崩している人が多いとうこと、など。

私の変化も、女性ホルモンの減少によるものだと思いましたが、だからといって、何をどうしてよいのかわかりませんでした。

食事やストレスに気をつけることが大事なのはわかっているのですが、忙しい毎日ではそう簡単ではありません。

なす術のないまま、自分の身体と心をだましだまし、生活をしていました。

ヨーロッパの女性が教えてくれた女性のセルフケア

そんな中、長年の夢だった自分のブランドを立ち上げました。

好きでよく訪れるヨーロッパの女性たちのように、女性がいくつになっても、美しく、自由に、楽しく、生き生きと人生を謳歌するためのブランドです。

でも、日本に比べてヨーロッパの女性が自然に女性としての生涯を謳歌している背景は、一体何なのでしょうか?

価値観や文化の違いも当然あります。

でも色々調べていく中で、それだけではない大きな違いがある、という結論にたどり着きました。

それは、「女性ホルモン」に対する意識。

ヨーロッパでは、女性が女性としての人生を謳歌するために必須のこととして、女性ホルモンの大切さを認識しているのです。

そして女性ホルモンは、女性の美容や健康に直結している。年齢による変化は、どうやら女性ホルモンの減少が影響しているらしいことに気づきました。

だからこそ、ヨーロッパでは女性はホルモンケアを行うことが当たり前であり、そのためのセルフケア商品が普及しています。

でも女性ホルモンケアを始めようと思っても、何をどうしてよいかわかりませんでした。

まず本やインターネットで色々情報を集めましたが、何が本当に良いのかわからない。

病院に行くのもためらわれる。薬の力で人工的にケアするのも嫌。

かといって、安心して日常でセルフケアするためのものは見当たらない。

植物療法との出会い

日本で手軽に手に入る、女性ホルモンをケアするセルフケアのための商品がない。

だったらブランドで商品を開発用しようと思い立ちました。

セルフケアだから、安心できて、身体に自然に働きかけるものがいい。

そして、日本の女性にも、女性ホルモンケアが身近になり、手軽に日常的なセルフケアができるようになればいいなと思って色々探している中で、フランスの植物療法に出会いました。

フランスでは、街中にハーブを取り扱う薬草の薬局「エルボリステリア」があります。

フランスの人は、日常的に気軽にエルボリステリアに立ち寄り、心身の不調を相談しては、ハーブを処方してもらいます。

日本人が薬局に行くように、頭痛がする、風邪気味、胃の調子が悪い、眠れない、イライラする、などといっては訪れて相談します。

そうすると、心身の不調に合わせて、調剤師の方がハーブを処方してくれるのです。

植物なので、身体への負担が軽く、でもしっかりと効果を感じることができます。

フランスの人たちは、ハーブを生活に取り入れる生活を送っているのです。

フランスはヨーロッパの中でも特に女性ホルモンケアが進んでいますが、その中で大きな役割を果たしているのも、植物療法。

エルボリステリアには、女性ホルモンケアのためのハーブも処方もしてくれます。

でも、日本とフランスでは、法律や環境も異なるので、そのまま商品を輸入することもできません。

植物療法の考え方を取り入れた、日本オリジナルの商品を一から開発することにしました。

日常に無理なく取り入れられるもので、安心して使えるもの、製品づくりには妥協せず、本物だけを使って、良い物を使いたい、色々な経験をしてきた大人の女性が満足できるもの、を目指して、美容や健康意識の高い女性たちに何度もテストしてもらいながら、商品は完成したのです。